【初めての方へ】貸倉庫とは?

2019.09.20

貸倉庫は、古くから聞く言葉なので馴染みがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、近年トランクルームやレンタル倉庫といったようなサービスも増えてきて、貸倉庫とはどう違うのは困惑される方もいらっしゃると思うので、今回は、貸倉庫について紹介させて頂きます。

貸倉庫とは?

貸倉庫とは、言葉の通り倉庫を貸してくれるサービスのことを指します。
貸倉庫は“スペースを借りる”サービスです。

契約も、賃貸住宅と同じように不動産を介して行います。
お風呂もキッチンも何もない、荷物を預ける倉庫としての機能だけのスペースを借ります。

貸倉庫を運営している殆どは、不動産会社が多いのも特徴といえます。

貸倉庫の目的

基本的に利用者が求める貸倉庫の目的は、スペースの増加ですよね。
個人でも法人でも、今あるスペースでは足りなくなったのでスペースの増加を検討されて貸倉庫の契約に至ります。

間取りの広い物件に引っ越すというのも一つの手ですが、例えば法人の場合は、事務所の引っ越しを行うと従業員の通勤に影響を及ぼします。

なので、そう簡単に引っ越しが出来ません。
そんな時、在庫を保管するスペースを広げたいと思ったら貸倉庫が最適です。

貸倉庫の用例

個人、法人ともに今以上にスペースが広がると保有できるモノの量が増えます。
法人の場合、販売品の在庫の保管場所として、古い書類の保管場所としたり出来ます。

個人の場合、所有品を保管するスペースとして、趣味の部屋として、一人の空間としてなど。
空きスペースを利用した出来ることは想像を働かせればいくらでも出てきて活用方法も山のようにあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、貸倉庫について紹介させて頂きました。

貸倉庫のサービスは、昔からあるのですが、近年類似した言葉で殆ど同義と捉えられるサービスが増えてきたことで混合しがちです。

どちらも荷物を預けるスペースを借りるという点では同じです。
自身が預けたい荷物の規模や用途によってサービスを使い分けて下さい。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop