キャンプ用品は貸倉庫で管理するのがオススメ!

2019.10.18

現在2019年は、第2次キャンプブームと言われてるほど若者をはじめとする多くの方がキャンプにハマっています。
アウトドア用品は非常にかさ張り場所を取るので保管するなら貸倉庫が断然お勧めです。

今回は、キャンプ用品を貸倉庫に収納する効果的な方法について紹介させて頂きます。

キャンプブームとは?

今から20年以上前、「第1次アウトドアブーム」が到来しオフロード車やキャンプ用品が飛ぶように売れたことがありました。
そのブーム当時の若者が中高年となって再びキャンプ場に戻り、現在「第2次キャンプブーム」を巻き起こしているといわれています。

現代は情報の発信が盛んにおこなわれており、SNSを中心にキャンプの風景が拡散されて、その楽しそうな風景に現代の若者も参入してキャンプをする人の人口が6年連続で増加し現在850万人の方がキャンプを楽しんでいるという統計が発表されています。

キャンプ用品を収納するなら貸倉庫

何かとグッズの種類が多いキャンプ用品。
大きいものもあるので、キャンプ用品を自宅で管理するとなると十分はスペースを求められるため大変です。

そんな時に力になってくれるのが貸倉庫です。
貸倉庫は、賃貸同様に月々賃料を支払えば自由に利用できる倉庫を一つ持つことが出来ます。

自宅の収納スペースが限られている方でも倉庫一つあればキャンプ用品を収納することができますね。

キャンプ用品を収納貸倉庫のデメリット

貸倉庫のデメリットといえば、賃料ではないでしょうか。
賃料はピンキリですが、その費用が負担だと感じる方もいるかもしれません。

そんなデメリットに見合うかどうかを判断するのに役立てて欲しいのが貸倉庫のメリットです。
まず、倉庫の規模によってキャンプ用品以外のモノも収納できる点です。

自宅では、ほかにも使用頻度が低いが捨てられないものなど、たくさんお持ちの方もいらっしゃると思います。
そんな使用頻度の低いモノの収納場所として活用することが出来ます。

次に、キャンプをしたらホテル代が浮くのでその相殺金額で貸倉庫費用の元を取ることが出来ます。
家族でホテルに泊まったら4人で安く見積もって4万円というところでしょうか。

キャンプだと1回の宿泊費が5000~1万円で収まるので、3万円浮きますよね。
これらで貸倉庫の費用の元を取るという考えは全然ありだと思います。

もしキャンプ仲間が、いるなら貸倉庫を分担で負担して借りるというのもいいのもお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、キャンプ用品を貸倉庫に収納する効果的な方法について紹介させて頂きました。

キャンプ用品は種類が多いので、自宅の限られたスペースでは収納し辛いですよね。
そんな時におすすめなのが貸倉庫での収納です。

是非、貸倉庫利用を検討して上手にキャンプ用品を収納してみてください。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop