少ない土地を活用して収益を上げるには貸倉庫がオススメ!

2019.10.18

少ない土地を所有していて、何か活用できないかと試行錯誤されてるなら、とてもお勧めの活用方法があります。
今回は、少ない土地を活用するビジネスを3つ紹介させて頂きます。

坪(つぼ)の広さ

坪(つぼ)は、尺貫法による面積の単位です。
10坪って言われるとどれぐらいの広さか想像し辛いですが分かりやすい目安があります。

坪(つぼ)は、「1坪=畳2枚」ぐらいとされています。
今回紹介するのは土地としては狭い20坪未満の土地の活用方法です。

少ない土地の活用方法3つ紹介

20坪未満の狭い土地の活用法を3つ紹介していきます。

1.貸倉庫

狭い土地でも倉庫を設置するだけで、毎月の利用料を得ることが出来る貸倉庫ならしっかりとした活用が可能です。
法人や企業、個人宅の収納不足の方達といった幅広い層をターゲットに出来るので立地が良ければ常に満室運営も夢じゃありません。

しかし注意点としてモノを保管する場所なのでセキュリティ面や保証などはしっかりとしたプランを用意しなければ契約に結び辛くなります。

2.自動販売機

近年話題になったに自動販売機を設置して収益を得る方法も、狭い土地で出来る立派な土地活用です。
自動販売機を設置した後は、飲料が売れた分だけ収益となるというとても分かりやすいビジネスモデルです。

ただし、高い収益を出すのは非常に困難で数千円~数万円といったお小遣い程度の収益にしかならないので労力はほぼゼロですが長期的な運用を検討する必要があります。

3.駐車場

駐車場も代表的な土地活用でほとんどの方が知っているビジネスモデルではないでしょうか。

狭い土地でも駐車場を設けることは可能です。ただし、駐車できる台数が20坪未満の狭い土地の場合、3~5台程度になってしまいます。

月極とコインパーキングでは、コインパーキングが高い収益を出すビジネスモデルにはなりますが近隣の環境にもよるのでどちらにするのかしっかりと検討されてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、少ない土地を活用するビジネスを3つ紹介させて頂きました。

紹介したのは土地代は除いた投資金額が少額からスタート出来るビジネスモデルをご提案させて頂きました。
予算をかければもっと選択肢が増えますが、それだとかなりエネルギーを使わなければいけないのでそういった方はもっといろんなことを検討されてると思うので今回は割愛させて頂きました。

是非紹介した内容が参考になれば幸いです。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop