貸倉庫を運営するための方法を紹介!

2019.10.18

個人で土地を手にされる方もいるかもしれませんが、割と多く耳にするケースとして遺産相続で土地を手にされて持て余すという方がいらっしゃいます。

いろんな土地の資産運用方法はあるのですが、貸倉庫が利回りも高くお勧めです!
貸倉庫を始めるにはどうういった手順で進めればいいのか

今回は、貸倉庫を運営するための方法について紹介させて頂きます。

貸倉庫を運営する方法

貸倉庫を運営する方法は3つあります。

  1. 個人で全て行う方法
  2. フランチャイズの傘下に入る方法
  3. サブリースを利用する方法

それぞれどんなメリットがあり、どんな方法なのかも踏まえて個別に紹介していきます。

1.個人で全て行う方法

個人で行う場合は、全てが自己負担になります。
運営開始するまでとても大きなエネルギーを使うことになるでしょう。

登記、倉庫の調達、業者の手配、申請、利用者との契約書類の作成、使用料の回収等全てを自分で解決しなければいけません。
やるべきことや初期投資は高く、貸倉庫に携わったことが無い方だと、実現するのはほぼ不可能に近いかもしれません。

メリットは、どこの企業も挟んで無いので売り上げが全て手元に残る点です。

2.フランチャイズの傘下に入る方法

ファミレスやコンビニ同様に貸倉庫にもフランチャイズがあります。
既に知名度のある企業の名前を利用して経営出来るため集客力や、確立された運営マニュアルになぞれば簡単に経営することが可能です。

ただしフランチャイズでは、ロイヤリティーといって売り上げの数十%をフランチャイズ本部に毎月支払う必要があります。

3.サブリースを利用する方法

サブリース一括借り上げのことで、既にある貸倉庫を借り上げる方法です。
最近もっとも行われている主流の方法で利用者が埋まってない状態でも、満室状態での家賃を手にすることが出来るのが最大の利点です。

イメージとしては、1.個人で全て行う方法で全てを準備した後に企業が全室借りてくれて全室分の利用料を払ってくれると捉えると分かりやすいかもしれませんね。
こちらも1.個人で全て行う方法同様に初期投資や、労力は高いものが要求されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、貸倉庫を運営するための方法について紹介させて頂きました。

貸倉庫を全くの未経験からスタートするのは困難なので、一番お勧めなのがフランチャイズの傘下に入る方法です。

資金の一部提供や、効果的なエリアなどのリサーチなども行ってくれるので興味がある方は定期的に説明会などが開催されているので一度足を運んでみて下さい。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop