貸倉庫の修繕費用をめぐる問題点

2019.12.03

賃貸トラブルで多いのが修繕費用をめぐる問題です。
誰が破損させたのか、修繕は誰がするのか...。

今回は、貸倉庫の修繕費用をめぐる問題点について紹介させて頂きます。

借主が修繕費を負担しなければいけないケース

賃貸だと入居時の状態ではない状態で、生活傷以上のものが出来ている場合は借主が負担しなければいけません。
貸倉庫も同様のケースの場合はもちろん同様に、利用開始時と退去時で。

例えば壁に穴が空いていたなどの破損がられる場合は、借主に過失があり借主が修繕費を負担することになります。

貸主が修繕費を負担しなければいけないケース

生活傷、経年劣化など使用にこたえる状態になけれ貸主側が修繕しなければいけません。
空調機器や、水回りなども永続的に使える訳ではなく、長年使っているとある日突然、空調が壊れたり水が漏れたりするのです。

これらの修繕費は物件の備品にあたるので貸主側で修理する必要があります。
修繕費も割と高額なので不動産運営が上手い方は、修繕費を払いたくないので、もうすぐ壊れるかな?というタイミングで物件そのものを手放される方も非常に多いです。

基本的に、故意または事故で破損させられてなければ貸主側が修繕費を負担しなければいけません。
賃料をとって使用させているのですから、当然のことといえるでしょう。

修繕は必ず必要?

賃借の一部が痛んだりこわれたりしたとしても、必ず修繕しなければならないわけではありません。
ささいな故障とか、借主の使用にさしつかえない程度のものは修繕の必要がないのです。

例えばトイレットペーパーホルダーがグラグラするなど、些細な破損などがそれに該当します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、貸倉庫の修繕費用をめぐる問題点について紹させて頂きました。

賃貸借の目的物に壊れた箇所が出てきたときは、誰がこれを修理するのでしょうか。
紹介した通り答えは、原則として貸主だということになります。

修繕の例としては、屋根やドア、窓など建物についてのものが多いですが、土地についても、たとえば土砂くずれで土地の一部が陥没した場合に、それを埋めるというのも修繕です。
中には悪い貸主も居て、修繕費を求めてくる方もいます。
しっかりと、どこまでが負担しなければいけない範囲なのか知っておいて話し合いで解決するように努めてみて下さい。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop