貸倉庫に住めるの?居住できるのかどうか調べてみた

2019.12.13

都心や立地のいい場所に貸倉庫が近年増えてきています。
人によっては自宅よりもアクセスが良い場所に借りてる方も居るのではないでしょうか。

そんなアクセスが良い場所を保管場所としてだけでなく、寝泊まりできる居住スペースとして使いたいと考える人もいると思います。
今回は、貸倉庫に住めるのかどうかについて紹介させて頂きます。

貸倉庫に住む人はいるのか?

近年、屋内型(ビルイン)の貸倉庫が目立つようになりました。
その理由には、企業の郊外移転で空室が増えてきたため、オフィスへの貸し出しから、貸倉庫に用途転用するケースが増えたことがあります。

そしてビルのワンフロアを丸々貸倉庫として利用するのではなく、広さ1~2畳分に小分けにして貸し出す運営会社が増えてきました。
このコンパクトな広さの貸倉庫は月額の費用も安価でなので、終電に間に合わなかったときなどの仮眠室にと利用される方が極少数いらっしゃいます。

中には、賃貸物件を契約するよりも圧倒的に安いため、完全に貸倉庫で寝泊まりされてる方も居るようです。

貸倉庫に住むのは禁止

まず、法律的に貸倉庫に住むことは認められていません。
貸倉庫に住み、寝泊まりを行うことは違法にあたります。

貸倉庫は「荷物の保管・管理」を目的として「倉庫業法」という法律の下運営されています。
なので、住居として認められておらず、住民登録もその場所では行うことが出来ません。

絶対に貸倉庫を借りる際に、契約書には「宿泊、仮眠などの行為を禁止する」といった文章が記載されています。
貸倉庫に寝泊まりする行為は、法的にも違法であり、規約にも反します。

もし発覚したら法律では罰金。契約元からは強制退去を余儀なくされます。

貸倉庫に住むリスク

法的なことは上記で紹介したので今回割愛し、それ以外の貸倉庫に住むリスクを紹介させて頂きます。
そもそも貸倉庫は、モノを預かり保管するサービスなので対象はあくまで物品。

人のの居住空間を想定して造られているわけではないので窓がなかったりコンセントもついていない、鍵は内側から掛けられない、生活するためのインフラ(水道、ガスなど)が整っていないなどがあります。

分かりやすくイメージするなら家の押し入れのような場所だと思って下さい。
半日仮眠をとるぐらいならネットカフェなどを利用した方が断然リスクは少なく安価です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、貸倉庫に住めるのかどうかについて紹介させて頂きました。

多様化が進む貸倉庫の使い方を、法律的なことも含めて詳しく解説させて頂きました。
終電に間に合わなかったときなどの仮眠室にしたいと思ってもくれぐれも規約に反した利用方法はやめましょう。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop