スキーやスノボなどウィンタースポーツ用品は貸倉庫に収納しよう!

2019.12.24

冬には、ウィンタースポーツをはじめる人は沢山いらっしゃいますね。
スキーやスノボをはじめとするウィンタースポーツは、スキー板やボード、専用靴といった大きな道具を使用します。

そうなると困ってしまうのは収納場所です。
スキー板やボードは、きちんとお手入れをして収納しなければ次の冬までに傷んでしまうことがありますのでその点にも注意が必要になってきます。

今回は、ウィンタースポーツ用品を保管するなら貸倉庫がオススメについて紹介させて頂きます。

スキー板やスノボが傷む原因

まずはじめに、スキー板やボード、その関連用品が傷んでしまう原因を紹介します。

1.水分

スキー板やボードの多くは、プラスチックと金属でできています。
雪上を滑るスキー板やボードは、使用後、雪が多く付着しており、しっかり拭き取らないと雪解け水によって金属部分がサビてしまうので注意が必要です。
しっかり拭き取っていても保管場所が湿度の高い場所だった場合同じことが起きるので注意しましょう。

2.紫外線

上記で紹介した通りで、プラスチックは紫外線によって劣化しやすいので、スキー板やボードは直接日光の当たらない場所に保管が必要です。

3.汗

スキー板やボードがあるだけではスキーやスノボは出来ません。
ブーツやウェアが必要です。雪の降る寒い時期ですが、スキーやスノボは動きが激しいスポーツなのでかなりの汗をかきます。
収納前に洗濯したり、クリーニングに出し、収納の際はハンガーにつるして保管することがオススメです。

お手入れはしっかりと

スキー板やボードはお手入れをすることで劣化を防げます。
水気や汚れ、サビなどもしっかり拭き取り、簡易ワックスを塗るようにしましょう。

またスノボであれば、ボードからバインディングを取り外して別々に保管することで、ボードの負担も小さくなります。
ウェアやブーツなども洗濯して、しっかり乾かすことでカビの発生などを避けることが出来ます。

ウィンタースポーツの収納場所にはトランクルームがオススメ!

スキー板やボードは、季節限定で使うものです。
そして上記で紹介した通り、それらは適した方法で保管をしないと傷んだり劣化したりしします。

スキー板やボード、その他関連用品の保管にピッタリなのが貸倉庫です。
貸倉庫にはある程度の大きさがあるため、スキー板やボード、その関連道具もキレイに保管できます。

また、ハンガーや吊るす道具を持ち込むことでウェアなども干した状態で保管することも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ウィンタースポーツ用品を保管するなら貸倉庫がオススメについて紹介させて頂きました。

季節モノのスポーツ用品の中でも特にウィンタースポーツは、防寒の観点から道具が多く自宅での収納に頭を悩まされる方が沢山いらっしゃいます。
貸倉庫を活用すればウィンタースポーツ道具の管理もしやすいので安価に展開している貸倉庫は沢山ありますので是非検討されてみて下さい。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop