貸倉庫で大活躍!フォークリフト導入のメリットを考えてみる

2019.12.24

大型の貸倉庫を借りて物流に関する仕事を展開する際には、倉庫内設備でいろいろなものの導入を検討しますよね。
その中でも、運搬をより円滑に行うのに力になってくれるのがフォークリフトです。

今回は、貸倉庫でフォークリフトを導入するメリットについて紹介させて頂きます。

フォークリフトとは?

フォークリフトは、荷物を積み込む、フォーク、ラムなどと、それを昇降させる機構(マスト)を備えた、動力付き荷役運搬用の機械です。
本来であれば人が運ぶのが困難な1t(トン)もする重さのものもフォークリフトなら軽々運ぶことが出来ます。

フォークリフトを導入するメリット

フォークリフトを導入するメリットは、なんといっても運搬に掛かる費用を軽減出来る点でしょう。
例えば、50㎏のものを20個運ぶとなると、人間一人だと日が暮れて、最悪の場合ケガをする恐れもあるほどの重労働です。

二人掛かりでも大変な作業で、ケガの危険性は変わりません。
50㎏のものを20個運ぶとなると、それ相応の人数と時間を消費しないと運搬出来ないのですが、フォークリフトだと、50㎏のものを20個まとめて運ぶことが出来て、ものの数分で運搬することが可能です。

なので圧倒的に人件費、労力の軽減につながります。

大型貸し倉庫ならフォークリフトを導入するべき

高さも広さもある倉庫を最大限活用するためにもフォークリフトは導入するべきです。
フォークリフトなら1t(トン)の重さのモノも6メートル上に運ぶことが可能です。

フォークリフトでコンテナをうまく積み上げて貸倉庫を奥から上までしっかり活用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、貸倉庫でフォークリフトを導入するメリットについて紹介させて頂きました。

大型の貸し倉庫になればなるほど、フォークリフトを導入するメリットは増えていきます。
大規模な事業内容をお考えでしたら初期設備に是非フォークリフトの導入も検討されてみて下さい。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop