貸倉庫でよくあるトラブルをまとめて紹介!

2020.01.21

飲食でも、コンビニでも、不動産でも、趣味のスポーツでも、ドライブでも、どういったことでもやっぱりトラブルというのは起こるものです。
貸倉庫もただ、荷物を預けるだけなのでトラブルが無いように思えますが、やっぱりトラブルと呼ばれるほど話しがこじれた事例はあります。

今回は、貸倉庫でよくあるトラブルをまとめて紹介させて頂きます。

貸倉庫でよくあるトラブル

貸倉庫の利用でよくあるトラブルをまとめて紹介していきます。

盗難

セキュリティが厳重であったり、鍵がしっかりしていても盗る人間は何かしら、セキュリティの穴をついて盗みに入ります。
しっかりと警備会社の防犯設備を導入している貸倉庫もありますが、それでも絶対に安心とは言い切れません。
実例として、コンテナタイプの貸倉庫にバイクを保管していたら盗まれたという事例があります。高価なものを保管する際は必ず盗難保険を付けましょう。

利用者同士のトラブル

盗難と利用者同士のトラブルが1位、2位を争うほど多い案件です。
利用者同士のトラブルは利用マナーの相違による言い争いが主な内容です。
貸倉庫は複数スペースがあるものは自分以外にも利用者が居て、時折それらと利用のタイミングが鉢合わせになることがあります。譲り合って利用するようにしましょう。

荷物の劣化

貸倉庫利用者が、管理会社に寄せるクレームで多いのがこの荷物の劣化です。
保管していた荷物を見に来たら、カビが生えていた、電化製品が壊れていたという事例が後を絶ちません。
契約時にこういったケースの注意事項が記載されており、ほぼ全ての注意事項で利用者の自己責任となっています。
気温差、湿度が保管に影響を与えるものは預けるのを控えましょう。ビル内の貸倉庫では、空調設備がしっかりしているものもあり温度だけではなく湿度管理もしてくれるので洋服や電化製品を預けたいと考えている方はそちらを利用しましょう。

災害

災害とは、危機的な自然現象で。
例えば台風、地震などが日本では代表的なものとして挙げられます。
被害が生じた際は保険を入れておかないと切責任を取ってもらえない会社が殆どです。
天災により荷物が紛失した場合や破損に関する件も預けるものの価値によって保険の導入を検討しましょう。

トラブルが起こる頻度

ここまでよくあるトラブルとしていくつか紹介してきましたが、いったいどれぐらいの頻度で起こるのかというとその回答は0に近い数字と思ってもらっていいでしょう。
今住んでる自宅で、紹介したトラブルどれか該当したものはありますか?

無ければ、それがトラブルが起こる確率です。
万が一という言葉の通り、万に一つぐらいの確率でこういったトラブルが起こるのです。

全国各地に貸倉庫は展開されているので、その数が故にトラブルの報告はありますが基本は無縁のまま利用を終えるでしょう。
もし預けるものが高価で預ける際に不安を感じる際は保険の利用を検討しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、貸倉庫でよくあるトラブルをまとめて紹介させて頂きました。

せっかく貸倉庫を利用して部屋がきれいに片づいても別の悩みが増えては心労が軽減されませんね。
預けた荷物が盗まれてしまったり破損してしまったりしては意味がありません。
貸倉庫を利用する際はセキュリティ面をしっかりと確認するようにしましょう。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop