法人での貸倉庫の活用法

2020.01.21

全国各地の至る場所で視界内に飛び込んで来る貸倉庫。
実際活用の機会はあるのかと疑問に思われる方も非常に多いと思いますが

実は物凄く便利で使い勝手がいい収納スペースなのです。
特に利用をお勧めしたいのが法人、企業様です。
今回は、法人での貸倉庫の活用法について紹介させて頂きます。

貸倉庫は自由空間

自由空間は、なんにでも使える自由な空間です。
使い勝手が良く安全な倉庫的立ち位置として、その市場は日々成長を続けています。

コレクションの保管場所として、引っ越しなどの一時的な荷物の預け場所としてなど工夫を凝らせば活用方法はいくらでもあります。

法人の企業施設の1つに貸倉庫を活用する

法人、企業様にお勧めなのが、自社物件プラスで貸倉庫を利用することです。
倉庫兼、従業員の作業スペースとして大型のフロアを借りるとなると賃料が一気に跳ね上がります。

賃料に売り上げのほとんどを取られてしまうと首が回らなくなってしまいます。
そこでオススメしたいのが、倉庫と作業スペースを分離する方法です。

自社倉庫と賃貸倉庫ではメリット・デメリット様々あると思いますが、一般的なものとして以下のようなものが考えられます。

自社倉庫のメリット

  • 数年以上の長期で考えるとトータルの支出が少ない
  • 金融機関からの融資の際に不動産担保として活用できる
  • 使用上の制約がない
  • 貸倉庫のメリット
  • 初期投資費用が安い
  • 移転がし易い

倉庫と併用している社内なら、自社オフィスを広く利用することが出来る。
これらが二つのメリットと言えます。

貸倉庫は、セキュリティが厳重

さらに見逃せぬメリットとして近年貸倉庫は、セキュリティ面が充実している点が挙げられます。
自社で貸倉庫を設けた場合、無人の部屋での保管という安全面のリスクに不安が残るデメリットがありますが

貸倉庫では、24時間365日管理人が滞在している場所があります。
他にも、防犯カメラ、カードキー、暗証番号などのオートロック、盗難時の補償など自社で儲けようとすると莫大な初期費用が掛かるモノが全て安価に抑えることが出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、法人での貸倉庫の活用法について紹介させて頂きました。

法人で貸倉庫を借りる場合、中長期的に継続利用するケースが多いので個人利用よりも歓迎されます。
利用にあたっては、履歴事項全部証明書など企業情報の提示や会社の実印を求められることがあるので準備しておきましょう。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop