貸倉庫を選ぶ際の際の注意点!!

2020.02.11

安い料金で荷物を預けることが出来て非常に便利な貸倉庫。
収納スペースが少ない部屋の不満を解消してくれるので利用を考えてる方も多いとかと思いますが、安易に選んで失敗する例も少なくありません。
今回は、貸倉庫を選ぶ際の際の注意点について紹介していきます。

料金だけで判断するのは要注意

貸倉庫を利用する際に最も目を向けてしまうのが利用料金です。
確かに物を預けるだけのスペースにそこまでお金は出せませんが利用料金が安ければ安い分それなりのものになってしまいます。

大切なものを収納するならば、少し利用料金があがれど、防塵・防湿性に優れたものや補償がしっかりしている場所を選ぶことをお勧めします。

利用目的にあった貸倉庫を選ぼう

貸倉庫を利用する際は、その利用目的にあった場所を選ぶ必要があります。
極端な例ですが、あなたが預けたい物が貸倉庫によっては収納してはいけないものという括りになってしまっているかもしれません。

貸倉庫は、各業者によって収納してはいけない荷物が定められています。
契約した後に、収納できないなんて事にならぬよう、あらかじめ確認しておきましょう。

荷物の保証の有無は確認しよう

収納した荷物の補償は?保険の有無・内容を確認しましょう。
貸倉庫では、基本的に荷物の管理は自己責任になります。
なので、貸倉庫は収納した荷物の安全を保障してくれるわけではありません。

ですがとなると悪質な貸倉庫の場合であったり、セキュリティの甘い貸倉庫だと安心して荷物を預けることが出来ません。
貸倉庫では、そういった荷物の被害について保険を取り扱っている会社が多く存在しています。
保険の有無と内容を契約前によく問い合せておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、貸倉庫を選ぶ際の際の注意点について紹介させて頂きました。
紹介した内容は基本的な事ばかりではあるのですが、やっぱりこれらはとても大切なことです。

貸倉庫を借りる際、契約内容をきちんと確認しましょう。
貸倉庫は、荷物を預けるという意味では同じなのですが名前が異なって、トランクルームであったりレンタル収納スペースといった名称で営業されているところがあり各業者の提示する約款にはしっかりと目を通しておきましょう。

そして契約前に内見することも可能なので急ぎでない場合は、実際に収納場所の内見を行ってから温度や 湿度、セキュリティなど確認しておくと思わぬトラブルを未然に防ぐことが出来ますよ。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop