貸倉庫の工法「システム建築」について詳しく紹介

2020.05.02

貸倉庫と言っても個人向けのものから、企業向けのものと大きく分類されて、個人向けのものなら、コンテナ倉庫や、レンタル倉庫などといったものが代表的なものであり、企業向けのものなら、システム建築倉庫、プレハブ建築倉庫、テント倉庫といったものが代表的なものであります。

今回は、倉庫の工法「システム建築」について紹介させて頂きます。

システム建築とは

システム建築とは、倉庫の工法のひとつです。
住宅で例えるなら、木造や、RC造、SRC造、鉄筋、鉄骨といった違いに近いものだと捉えてもらってもいいかもしれません。

システム建築とは、建物の部材を徹底的に標準化することで品質を安定させ、建築コストの軽減や工期短縮を図った建築工法です。
パソコンを用いて建築生産トータルをシステム化し、商品化した建築です。

建設のうえで想定される事業内容に基づいて予め標準化されているので高品質でありながら、短工期、低コストを実現してくれています。

システム建築倉庫のメリット

システム建築で建てた倉庫のメリットは、最も合理的な構造体を設計しているところが特徴といえます。
強度と耐久性も他の倉庫に比べて最も優れており、倉庫だけに限らず、工場、事務所、店舗、スポーツクラブとしても使用も可能です。

また、顧客のニーズに応じた設計の倉庫を建てることが可能です。

システム建築倉庫のデメリット

システム建築で建てた倉庫のデメリットは、他の倉庫に比べて最も費用が掛かる点といえるでしょう。
一昔前の在来工法よりは安く抑えられていると言えども、プレハブ、テントと比較すると最も建築費用は掛かります。

また、外観のデザインも大まかに決まっているので自由度はそこまで高くないのもデメリットとして挙げられます。
一般的な倉庫ではなく、外観にもこだわりたい方には不向きな工法といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、倉庫の工法「システム建築」について紹介させて頂きました。

倉庫を自社で設ける計画があるとき、長期的に固定した土地で利用する計画があるかを軸に考えてみることがおすすめです。
それを元に、建築方法を選択してみると費用面などを大幅に抑えることができます。

システム建築以外でも様々なオプション設備で性能面を補うことが出来るので、建築の際はどれくらいの期間利用するのかを具体的にして、それをもとに話しを進めていきましょう。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop