貸倉庫の工法「プレハブ建築」について詳しく紹介

2020.05.02

企業向けの倉庫には、システム建築倉庫、プレハブ建築倉庫、テント倉庫といったものがあります。
プレハブ建築倉庫は、低コストで早く出来上がり長く活用できると非常に優れたメリットを兼ね備えています。

更に機能面なども深く掘り下げて知るために今回は、倉庫の工法「プレハブ建築」についてについて紹介させて頂きます。

プレハブ建築とは

プレハブ建築は、プレファブリケーションという手法を用いてつくられる建築物を指します。
プレファブリケーションの意味は、前もってつくり上げると訳されます。

プレハブ建築倉庫は、壁、床、柱、梁などのパーツをあらかじめ工場で生産、加工し、現場に運んで組み立てる簡易的な建築工法になります。
作り方で分かる通り、かなり短時間で組み上げることが強い特徴として挙げられます。

プレハブ建築倉庫のメリット

プレハブ建築倉庫のメリットは、低コスト、工期が短い、長寿という3つを兼ね備えています。
プレハブ建築倉庫の工期はおよそ3か月程度とされています。

工場であらかじめパーツを生産して組み上げるので短い工期で仕上げることが出来て、パーツを大量生産してストックすることが出来るのでコストも抑えることが可能です。
システム建築倉庫には劣るものの、プレハブ建築倉庫も20年ほどという寿命があるので、建築コストを抑え、短期でしっかりしたものを構えたいと考えてる方にはお勧めです。

プレハブ建築倉庫のデメリット

プレハブ建築倉庫のデメリットは、パーツを大量生産してストックすることでコストを抑えるので、規格が決まっており、規格に合わせて建てることになるため、形状の自由度が低い点にあります。
また、6m間隔で柱が必要となるので小規模な倉庫でも柱が各所に設置されてしまうため、邪魔に感じることもあるかもしれません。

内装や外観の自由度が低いところがプレハブ建築倉庫のデメリットと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、倉庫の工法「プレハブ建築」についてについて紹介させて頂きました。

コストも安く、工期が短くて済み、仕上がりの強固さも丈夫なのでプレハブ建築を採用している会社は、とても多く存在します。
システム建築倉庫、プレハブ建築倉庫、テント倉庫、それぞれにメリット、デメリット、お勧めの使用用途などがあります。紹介した内容を是非参考にしてみてください。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop