【検証】倉庫は購入と賃貸どちらが得なのか?

2020.11.05

貸倉庫の内見をしていると「実は、購入を検討している」という人が意外と多くいらっしゃいます。
なかなか希望どおりの物件が見つからなかったときや、銀行から購入を進められている方などは購入するというのも一つの方法になりますが購入するのと賃貸では、それぞれメリットとデメリットが変わってきます。

今回は、倉庫は購入と賃貸どちらが得なのかについて紹介させて頂きます。

倉庫「購入」のメリットとデメリット

購入するメリットは非常に多くあります。
賃貸では目的に合った物件を探す必要があるのですが、倉庫に対する制限が無いので、レイアウトや使い方の自由が効きます。

次に、購入すると資産として残るメリットがあります。
ローンを組んで購入したとしても、ローン返済後は資産として残り、資産としての減価償却を経費として計上することが出来ます。

他にも、建物を持っているという点は、企業として非常に強く箔が付き、取引先企業からの信頼性の向上に繋がります。
更に購入した倉庫については、賃貸として貸し出して家賃収入を得ることも可能です。

会社が傾いてしまったりと、万が一の時には建物を担保にして借り入れできるので銀行からの融資を受けやすくなるというのも利点の一つでしょう。

倉庫「賃貸」のメリット・デメリット

賃貸のメリットは初期投資が購入するのと比べて安価な点にあります。
当然ですが購入と借りるでは一つも二つも桁が異なってきます。

また、経年劣化による修繕費は貸し出してるオーナーが負担するため維持費が購入に比べて負担が少ないのも利点でしょう。
更に、賃料は経費として計上することが出来るのでこの点もメリットといえます。

反対にデメリットは、内装工事含めて現状変更をしようとするとある程度の制限があります。
基本的にはオーナーの許可がないとできません。

また、月々の家賃を払い続けなければいけないもの出費という面からデメリットといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、倉庫は購入と賃貸どちらが得なのかについて紹介させて頂きました。

倉庫を借りるのと買うでメリットとデメリットをあげてみました。
どちらも一長一短で、会社の未来を見据えると購入する方が良いか、賃貸の方がいいか見えてくると思います。

一般的には、不動産を購入するほど設備投資に力を入れれる企業は少数で、ほとんどの企業様が貸倉庫を契約することが多いです。
購入も検討しているのですが、やっぱり未来はどうなるか分からないので貸倉庫を契約することが無難なのです。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop