保証金とは?

2020.12.03

通常の賃貸では、敷金・礼金といった項目は目にしたことがあり、その意味についてもご存じの方が大半かと思いますが、貸倉庫では敷金・礼金とは別に「保証金」といった項目があり、初めて貸倉庫を借りる方にとって敷金とどう違うのか分かりづらいものとなっています。

今回は、保証金について紹介させて頂きます。

貸倉庫契約時に必要になる初期費用

一般的な住宅物件で馴染みのある敷金・礼金も、貸倉庫を借りる際に記述されてる保証金も貸倉庫を借りる契約時に必要になる初期費用です。
貸倉庫では他にも「前家賃」、「賃貸保証料」、「仲介手数料」など初期費用として掛かる項目があります。

それぞれの意味を簡単に説明します。

礼金

貸してくれてありがとうというお礼の為のお金。
退去時に返還されません。

敷金

退去時に原状回復に使い、原状回復で余った差額は借主に返還されます。

保証金

敷金と同様の意味。
退去時に原状回復に使い、原状回復で余った差額は借主に返還されます。

賃貸保証料

借主の経営不振で、万が一家賃が払えなかった場合に引かれる預け金。
滞納が無くても退去時に返還されないことが殆どです。

仲介手数料

不動産に貸倉庫の契約手続きを行ってくれてありがとうというお礼の為のお金。
退去時に返還されません。

これらが初期費用として必要になってきます。
簡易的に紹介しましたが、契約によっては紹介した内容と異なることがあります。

例えば、敷金が返ってこない、保証料が返ってこないなどといった契約書もあるので契約書は十分に確認されて下さい。

保証金と敷金の違い

先ほども簡単に紹介しましたが、保証金と敷金は同様の意味です。
地域によって呼び方が違うというだけで関西地方では保証金、その他の地域では敷金という言葉が使われます。

ちょっと混合しそうになるのが、保証金と保証料。
これは意味合いが違うので、似た言葉が書面に並んでいたら貸倉庫不動産に自身が分かるまで訪ねて下さい。

余談ですが、保証金も敷金も貸倉庫の場合、3~6ヵ月が相場で、家賃が30万で保証金、敷金が6ヵ月と記載があった場合、保証金、敷金だけで契約時に180万円必要ということになります。
加えて、他の初期費用に掛かる項目も支払い、借りてから内装工事なども取り掛かられると思うので予算は多めに見積もりましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、保証金について紹介させて頂きました。

保証金は、借りる側が貸主に対して支払うお金で地域によっては敷金と同義の意味と思っていいでしょう。
基本的に関東地方では「敷金」、関西地方では「保証金」と呼ばれることが多いようです。
ただ、一般的な住宅物件とは異なり返還方法に関して違いがあるため注意しましょう。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop