賃貸倉庫の消費税について

2021.01.05

貸倉庫を借りる際、家賃に消費税が掛かります。
日常生活においても、日用品や食品などたいていのことには消費税が付くので、貸倉庫の家賃にも消費税が付くのは普通の事かと契約の際に思ってしまうでしょう。

しかし、同じ賃貸でもマンションやアパートなどには家賃に消費税が付くことはありません。
契約の一瞬なので大抵の方が気にも留めずに支払いを進めていくかと思いますが、何故貸倉庫の家賃にだけ消費税が発生するのか

今回は、賃貸倉庫の消費税について紹介させて頂きます。

貸倉庫の賃料には消費税が掛かる

初めて貸倉庫をご利用される方は、戸惑うかもしれませんが、貸倉庫や工場など事業用不動産は賃料に消費税はかかります。
法律で、「居住の用に供し、かつ賃貸借期間が1ヶ月以上のものは、非課税」という一文があり、分かりやすくいうと、マンションやアパートなどの住居用のもの以外は全て消費税が掛かってきます。

なので、貸倉庫に工場に駐車場に店舗に事務所などなど、「住む」という目的以外の物件は消費税が掛かってくるので覚えておきましょう。

貸倉庫物件が掲載されているサイトに注意

大抵の貸倉庫物件が掲載されているサイトでは賃料、敷金、礼金、管理費などの項目はありますが消費税の項目が無かったりします。
なので税抜きか価格で表示させて安く見せる不動産が多数存在します。

賃料が100万円ので消費税が10%だった場合、月々掛かる家賃は合計110万円ですよね。
しかし、家賃100万円だけとしか記載されてなかったりするため、訪問して希望の金額と10%も誤差があるので徒労に終わるなんてことになりかねないので十分に注意されて下さい。

貸倉庫の敷金・礼金は消費税が掛かるのか?

居住用ではないので、貸倉庫の家賃に消費税が掛かることは理解して頂けたかと思います。
では合わせて敷金・礼金には消費税が掛かるのか?という疑問を持たれるでしょう。

敷金は、後々返ってくるので居住用であろうが、事業用であろうが消費税は掛かりません。
礼金は、返ってこないので事業用の場合は消費税が掛かってきます。

礼金については賃料の2ヵ月~3ヵ月といった場合もあるので課税額含めて、初期費用は高いものになってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、賃貸倉庫の消費税について紹介させて頂きました。

消費税は、賃貸の種類によって付く場合と付かない場合があり貸倉庫には消費税が掛かってしまいます。
貸倉庫だけではなく、住居以外の物件には消費税が全て掛かってきます。

なので店舗、駐車場などなど全て賃料に対して消費税が掛かってくるのです。
出費に関わることなので是非覚えておいて下さい。

運営会社個人情報保護方針

© 2019 そうこかいはつぶ

pagetop